活用提案(医薬・製薬)

医薬・製薬業界向けソリューション

  1. イベント管理

  2. 製品品質照査報告書作成

  3. サイトマスターファイル作成

医薬品品質システム(PQS)の構築、運用

製薬企業には、医薬品品質システムの構築の必要性が叫ばれています。

そして、薬機法のGMP(製造管理及び品質管理)、GQP(品質管理)、GDP(適正流通)、GCP(臨床試験の実施)、GLP(非臨床試験の実施)、GVP(製造販売後安全管理)、GPSP(製造販売後の調査及び試験)など色々な規制もあります。製造プロセスの稼働性能及び製品品質のモニタリングシステム、是正措置および予防措置(CAPA)システム、変更マネジメントシステム、製造プロセスの稼働性能及び製品品質のマネジメントレビューなど数々のシステムを構築、運用していくには、コンピュータシステムは必要不可欠なものになっています。

品質システムのイベント管理を構築・運用業務支援

製薬業界では薬機法のGxPの品質システムのイベント管理 *1 を、品質保証部門の責任で実施することが求められています。
(*1 主にGMP、GQPの変更管理、逸脱、苦情(品質情報)、文書及び記録管理)

 

弊社テンプレートの手順をワークフロー図式化

逸脱、苦情(品質情報)、変更管理など品質イベントの報告、承認、情報利活用ができます。

現場での逸脱発生時やお客様、得意先からのクレームなどの社内・社外連携、進捗管理、内容チェック、記録保管、また、是正措置、予防措置、改善など品質イベントから発生する作業などは、人間が紙で管理するには多くの工数がかかり、非常に面倒、間違い、抜け漏れなどが発生します。QAダヴィンチを利用すれば、強力な業務支援となり、報告内容、手順と連携先などの間違いがなくなり、業務が滞らないようになります。

  1. 間違ったことができなくなります。
    報告に必要な項目は画面を入力するだけ。自動的に入力項目のチェックを行い、入力ミスや漏れもありません。すべての入力完了すれば、自動的に次の作業者や情報共有者に連携され、連絡を受けた次の担当者だけが作業を進める事ができますので、間違った人が作業を進める事はありません。

  2. タイムリーに、必要なメンバーに同時に、必要な情報が情報共有できる
    自分の作業が終われば、即座に次の担当者、参照だけのメンバーに、必要な情報だけが送られます。関係者がいつでも情報共有できるメモ欄を利用することも可能です。このようなちょっとしたやり取りの記録が後から非常に大事な情報になります。

  3. 進捗管理が簡単にできる
    作業を開始日、期限なども合わせて、一覧性をもって確認することが出来ます。また、滞留時間が長いものに関しては、自動的に作業を促すメールを指定された日数前に発信することが出来ます。

具体的な利用方法

  1. 逸脱を発見した人や、苦情を受け付けた人、変更管理を実施する人がQAダヴィンチの画面にその内容を登録します。
  2. 入力漏れ、入力間違いなどが起らないようにQAダヴィンチが自動的にチェックを行います。
  3. 入力を完了して申請すると、あらかじめ決められた次の作業者に作業依頼のメールが自動的に送信されます。
  4. 情報共有が必要な方たちには、情報共有のメールが自動的に送信されます。
  5. 承認者が内容を確認して承認を行います。
  6. 本品質イベントの報告が完了、承認された情報を記録として保管します。
  7. 必要であれば、全員の印鑑が捺印された状態での報告書印刷をおこないます。
  8. 登録された情報は一覧化したり、その内容や原因の分析などの利活用ができます。

コンピュータシステムに関してのご説明はこちら

製品品質照査報告書作成業務

製品品質照査報告書を毎年(年次)で作成して、厚生労働省に報告するには大変な労力が必要です。この報告書では、対象製品に対する情報(対象製品、製造販売承認及び GQP取決め又は輸出届の参照先、製品標準書、対象製品ロット、ロットサイズ、対象製造所、主要関連装置、関連ユーティリティ、バリデーショ、実績、照査対象期間、照査実績、参照手順書)を整理して、それぞれ製品個別にレポートを作成しなければなりません。


平成 25 年度厚生労働科学研究費補助金(地球規模保健課題推進研究事業)
「医薬品・医薬品添加剤のGMPガイドラインの国際整合化に関する研究」

 

PIC/S GMP ガイドに掲げられた 12 項目に関する照査の報告書の記載の一例を示すことを意図

【概要】

  1. 重要な工程管理及び最終製品の品質管理の結果について
  2. 確立された規格に対し不適合であった全バッチ及びそれらの調査について
  3. 原料及び資材の受入れ時における試験検査の結果について
  4. すべての重大な逸脱又は不適合、それらに関連する調査並びに結果として実施した是正処置及び予防措置の有効性について
  5. 工程又は分析方法に対し実施したすべての変更について
  6. 承認事項変更申請内容について
  7. 安定性モニタリングの結果及びすべての好ましくない傾向について
  8. 品質に関連するすべての返品、品質情報及び回収並びにその当時実施された原因究明調査について
    返品、品質情報、回収
  9. 工程又は装置に対して従前に実施した是正処置の適切性について
  10. 市販後コミットメントについて
  11. 関連する装置及びユーティリティーの適格性評価状況
    関連する装置の日常・定期点検及び適格性評価の状況
    関連するユーティリティーの日常・定期点検及び適格性評価の状況
    関連する空調設備の日常・定期点検及び適格性評価の状況
    関連する製造用水供給システムの日常・定期点検及び適格性評価の状況
    関連するその他のユーティリティーの日常・定期点検及び適格性評価の状況
  12. 委託先に対する管理について

 

製品品質照査報告書など品質システムのレポートが簡単に作成できます。

製品品質照査報告書のたたき台をQAダヴィンチで作成することが出来ます。弊社で一般的に登録されるされる内容から製品品質照査報告書がシステムから自動的に出力できなかを調査したところ、製品品質照査報告書の57項目中31項目(約54%)が出力可能ということがわかりました。(PMDAから公開されている製品品質照査報告書の書式参照)そのイベントが発生した時に記録された文書ですので、あとから思い出した文章とは比べ物にならないほど新鮮で、間違いがなく、細部まで書かれています。このようなものであれば、行政に対しての報告資料という意味合いだけではなく自社の品質保証業務として、役立つレポートにになります。

また、システムから報告書などを出力すると、年間に沢山作成しなければならないレポートに一貫性を保つ事ができます。レポートをそれぞれで作成すると、そのレポート間の整合性をとるのが難しいと思います。1つのシステムから出力できれば、そのレポート間の整合性が保たれて、非常に資料作成が楽になります。実績はシステムから自動で記載する、対策はじっくり人が考えて記載する。得意技を分担する事が大事です。

利点のまとめ

  1. 報告資料作成時間がすくなくなり、より深い考察に時間が使える
  2. 経緯、内容の間違えがなくなり、照査のもれがなくなる
  3. 情報(イベント情報、工場などのマスター情報)が一元管理されているので、各報告で情報の整合性が取れる

レポート出力までの簡単3ステップ

  1. QAダヴィンチで品質イベント管理を行い、その情報を蓄積します。
  2. 出力したいレポートのフォーマットとレポートに出力したい情報の定義をQAダヴィンチに登録します。
    逸脱、変更管理などの種別、期間、年間発生件数(製品別、工場別、工程別など)
  3. レポートを出力します。

コンピュータシステムに関してのご説明はこちら

Quality Metrics作成業務

FDA Quality Metrics提出用レポート作成

Quality Metrics(クオリティメイトリックス)はFDAはUS国内で販売している医薬品および そのAPIの製造会社にQuality Metricsの 情報提出を義務付けています。(2016年よりData収集、2017年より報告開始を予定)製品毎、ラインごとにMetrics提出を希望されており、次の2点の的として強調しています。

・FDAの査察計画を立案時に、査察対象の優先度・査察間隔・頻度を決定する為の基礎資料
・医薬品の欠品の予測の資料

  1. FDA Quality Metrics報告対象
    医薬品(最終製品、API)とOTC医薬品。これらの医薬品の製造に係る、委託製造先、試験機関を含む
    注)次の医薬品類は現状対象外:医療ガス、放射性検査薬、輸血関連、遺伝子工学・cell培養等。   包装資材、添加剤
  2. 報告しなければいけない項目は、以下を含む最低10項目。
    ① 生産計画されたロット数
    ② 製造中・製造後(品質検査)に規格不適合になったロット数
    ③ 生産計画中、30日以上出荷判定が保留のロット数
    ④ 保存安定性試験を含めて、規格外(OOS)試験結果が判明した数
    ⑤ 出荷されたロット数、安定性試験に供されたロット数
    ⑥ ラボエラーが否定できなく、OOSとの結果になった出荷ロット数、安定性試験ロット数
    ⑦ 受領した苦情の数
    ⑧ 出荷若しくは次の工程への使用が計画された"中間体“ロット数
    ⑨ 品質照査(年次)が、照査対象期間後 30日以内に行われるか
    ⑩ 製品の年次照査の実施数
  3. FDA Quality Metrics要求項(比率を算出)
    ① Lot Acceptance Rate (適合率)
    ② Right First Time Rate (非逸脱発生率)
    ③ Product Quality Complaint Rate (製品品質苦情率)
    ④ Invalidated Out-of-Specification (OOS) Rate (OOS比率)
    ⑤ Annual Product Review (APR) on Time Rate(定時年次照査完成率)
  4. FDA Quality Metrics Option報告項目
    ① 経営者の関与
    ② CAPA効果測定
    ③ 工程能力・性能

FDA Quality Metricsなど品質システムのレポートが簡単に作成できます。

FDA Quality Metricsのたたき台をQAダヴィンチで作成することが出来ます。イベントが発生した時に記録された文書ですので、あとから思い出した文章とは比べ物にならないほど新鮮で、間違いがなく、細部まで書かれています。このようなものであれば、行政に対しての報告資料という意味合いだけではなく自社の品質保証業務として、役立つレポートにになります。

また、システムから報告書などを出力すると、年間に沢山作成しなければならないレポートに一貫性を保つ事ができます。レポートをそれぞれで作成すると、そのレポート間の整合性をとるのが難しいと思います。1つのシステムから出力できれば、そのレポート間の整合性が保たれて、非常に資料作成が楽になります。実績はシステムから自動で記載する、対策はじっくり人が考えて記載する。得意技を分担する事が大事です。

利点のまとめ

  1. 報告資料作成時間がすくなくなり、より深い考察に時間が使える
  2. 経緯、内容の間違えがなくなり、照査のもれがなくなる
  3. 情報(イベント情報、工場などのマスター情報)が一元管理されているので、各報告で情報の整合性が取れる

レポート出力までの簡単3ステップ

  1. QAダヴィンチで品質イベント管理を行い、その情報を蓄積します。
  2. 出力したいレポートのフォーマットとレポートに出力したい情報の定義をQAダヴィンチに登録します。
    逸脱、変更管理などの種別、期間、年間発生件数(製品別、工場別、工程別など)
  3. レポートを出力します。

コンピュータシステムに関してのご説明はこちら

簡単に、Quality MetricsのFDA報告用XMLファイルを作成するツール
簡単FDA報告用XMLファイル出力EXCEL(無償)はこちら

 

サイトマスターファイル(SMF)作成業務

サイトマスターファイルは製造業者の一般的な情報や、製造業者の品質マネジメントシステム、人事、各拠点の施設と設備、文書、製品、品質管理、流通、苦情、製品欠陥及び回収、自己点検などをまとめた資料です。PIC/S GMPガイドラインで要求される文書の1つであり、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)でも定期適合性調査申請時などにも利用されることがあります。

参考資料 PMDA

「医薬品等適合性調査の申請に当たって提出すべき資料について」
平成27年6月18日付
様式3 医薬品製造所概要(外国製造所用)

参考資料 PIC/S

EXPLANATORY NOTES
FOR PHARMACEUTICAL MANUFACTURERS ON THE PREPARATION
OF A SITE MASTER FILE

# 英語 日本語
1 GENERAL INFORMATION ON THE MANUFACTURER 製造業者の一般的情報
1.1 Contact information on the manufacturer 製造業者の連絡先情報
1.2 Authorised pharmaceutical manufacturing activities of the site. サイトで認可された製薬の生産活動
1.3 Any other manufacturing activities carried out on the site サイトで実施されている他の生産活動(あれば非製薬の生産活動)
2 QUALITY MANAGEMENT SYSTEM OF THE MANUFACTURER 製造業者の品質マネジメントシステム
2.1 The quality management system of the manufacturer 製造業者の品質マネジメントシステム
2.2 Release procedure of finished products 最終製品の出荷手順
2.3 Management of suppliers and contractors 供給者及び契約者の管理
2.4 Quality Risk Management (QRM) 品質リスクマネジメント
2.5 Product Quality Reviews 製品品質レビュー
3 PERSONNEL 人事
4 PREMISES AND EQUIPMENT 施設と設備
4.1 Premises 施設
4.1.1 Brief description of heating, ventilation and air conditioning (HVAC) systems 暖房、換気およびエアコンディショニング(HVAC)システムの簡潔な記述
4.1.2 Brief description of water systems 水のシステムの簡潔な記述
4.1.3 Brief description of other relevant utilities, such as steam, compressed air, nitrogen, etc. 蒸気、圧縮空気、窒素等の他の関連ユーティリティの簡潔な記述
4.2 Equipment 設備
4.2.1 Listing of major production and control laboratory equipment with critical pieces of equipment identified should be provided in Appendix 8. 主要製造設備及び実験設備のリスト
4.2.2 Cleaning and sanitation 掃除及び衛生
4.2.3 GMP critical computerised systems GMPの重要なコンピュータ化システム
5 DOCUMENTATION 文書
6 PRODUCTION 製品
6.1 Type of products 製品のタイプ
6.2 Process validation プロセスバリデーション
6.3 Material management and warehousing 原材料の管理と倉庫管理
7 QUALITY CONTROL (QC) 品質管理
8 DISTRIBUTION, COMPLAINTS, PRODUCT DEFECTS AND RECALLS 流通、苦情、製品欠陥 及び 回収
8.1 Distribution 流通
8.2 Complaints, product defects and recalls 苦情、製品欠陥 及び 回収
9 SELF INSPECTIONS 自己点検

サイトマスターファイル(SMF)管理業務がおこなえます。

この資料も各拠点で別々に作成するのではなく、1つのシステムに登録して一元管理します。内容に変更などがあった場合には、その管理者がワークフローを動かし、関係者に変更内容を周知しながら情報を最新化できますので、大変有効で効率的な管理方法です。また、各拠点で共通の情報(例えば、会社情報等)を一元管理しているので、1回の修正で完了しますので、作業の効率化になります。

利点のまとめ

  1. 報告資料作成時間がすくなくなり、より深い考察に時間が使える
  2. 経緯、内容の間違えがなくなり、照査のもれがなくなる
  3. 情報(イベント情報、工場などのマスター情報)が一元管理されているので、各報告で情報の整合性が取れる

レポート出力までの簡単3ステップ

  1. QAダヴィンチで品質イベント管理を行い、その情報を蓄積します。
  2. 出力したいレポートのフォーマットとレポートに出力したい情報の定義をQAダヴィンチに登録します。
    逸脱、変更管理などの種別、期間、年間発生件数(製品別、工場別、工程別など)
  3. レポートを出力します。

コンピュータシステムに関してのご説明はこちら

【オプション】SOP整備・運用サポートサービス

SOP整備・運用をサポートいたします。

詳細はこちら

課題他社事例

企業 年商
従業員人数
課題
A社 ¥7,500億
6,000名
品質保証イベントの対応遅れがある
情報の2重入力がおおい(単票、一覧表)
B社 ¥4,500億
7,000名
その時々でまちまちの作業、業務効率が悪い
品質保証部門の作業負荷が高すぎる
C社 ¥2,000億
2,500名
整理されていないので、迅速に情報収集ができない
品質情報やCAPAの情報が拠点間で共有が難しい
D社 ¥600億
1,500 名
イベントの情報量が多く、EXCELでは詳細管理ができない
長期間完了しない品質保証イベントの進捗管理が難しい
E社 ¥300億
700名
機密管理が難しい
過去書類の維持場所が枯渇
F社 ¥20億
100名
進捗管理が困難
傾向分析に時間が掛かる

 

 

企業 年商
従業員人数
課題
D社 ¥600億
1,500 名
イベントの情報量が多く、EXCELでは詳細管理ができない
長期間完了しない品質保証イベントの進捗管理が難しい
E社 ¥300億
700名
機密管理が難しい
過去書類の維持場所が枯渇
F社 ¥20億
100名
進捗管理が困難
傾向分析に時間が掛かる

 

現在対応検討中

Annual Report CFR part314
GMP 様式2,3 医薬品製造所概要(国内製造所用・外国製造所用)
GMP 実地調査
QMS 様式2 調査対象施設の概要
GCTP 様式2,3 再生医療等製品製造所概要(国内製造所用・外国製造所用)

参考規則、文献、団体

規則

厚生労働省

  1. 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)
  2. 医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準に関する省令(医薬品・医薬部外品GMP省令)
  3. 医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の品質管理の基準に関する省令(GQP省令)
  4. 医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準に関する省令の取扱いについて
  5. 医薬品等の承認又は許可等に係る申請等における電磁的記録及び電子署名の利用について(ER/ES指針)
  6. 麻薬及び向精神薬取締法
  7. 覚せい剤取締法
  8. PIC/S GMPガイドライン anex11  コンピューター化システム(平成24年2月1日)
  9. PIC/S GMPガイドライン anex11  コンピューター化システム(平成25年3月28日)

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)

  1. ICH-Q7 GMP(医薬品の製造管理および品質管理に関する基準)
  2. ICH-Q8 製剤開発
  3. ICH-Q9 品質リスクマネジメント
  4. ICH-Q10 品質システム 

FDA

  1. 21CFR Part11(連邦法第21章第11条)
  2. FDA DIガイダンス(ドラフト)2016年4月15日Guidance for Indsutry Data Integrity and Compliance With CGMP

MHRA

  1. MHRA GMP DIガイダンス(正式版)2015年3月MHRA GMP Data Integrity Definitions and Guidance for Industry March 2015
    MHRA GMP DIガイダンス(正式版)(意訳)データインテグリティ広場
  2. MHRA GxP DIガイダンス(パブリックコメント用)2016年7月MHRA GxP Data Integrity Definitions and Guidance for Industry Draft version for consultation July 2016
    MHRA GxP DIガイダンス(翻訳版)株式会社シーエムプラス

WHO

  1. WHO DIガイダンス(正式版)2016年5月31Guidance on Good Data and Record Management Practices (GDRP)

PIC/S

  1. PIC/S 医薬品の物流に関する基準(GDP)ガイド PIC/S GUIDE TO GOOD DISTRIBUTION PRACTICE FOR MEDICINAL PRODUCTS
    PIC/S 医薬品の物流に関する基準(GDP)ガイド (翻訳)株式会社シーエムプラス提供
  2. PIC/S GMP/GDP DIガイダンス(ドラフト)2016年8月10日GOOD PRACTICES FOR DATA MANAGEMENT AND INTEGRITY IN REGULATED GMP/GDP ENVIRONMENTS
  3. サイトマスターファイル EXPLANATORY NOTES FOR PHARMACEUTICAL MANUFACTURERS ON THE PREPARATION OF A SITE MASTER FILE

文献

厚生労働省

  1. 治験薬の製造管理、品質管理等に関する基準(治験薬GMP)について 薬食発第0709002号 平成20年7月9日

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)

  1. GMP事例集(2013年版)
  2. 「医薬品等適合性調査の申請に当たって提出すべき資料について」平成27年6月18日付
     様式1 当該製造所における調査対象品目等に関する概要
     様式1 英語版
     様式2 医薬品製造所概要(国内製造所用)
     様式3 医薬品製造所概要(外国製造所用)

 

団体

  1. 厚生労働省
  2. アメリカ食品医薬品局(FDA)Food and Drug Administration 
  3. イギリスの医薬品・医療製品規制庁(MHRA)Medicines and Healthcare Products Regulatory Agency
  4. 世界保健機関(WHO)
  5. 医薬品査察協定および医薬品査察協同スキーム(PIC/S)Pharmaceutical Inspection Convention及びPharmaceutical Inspection Co-operation Scheme
  6. 国際製薬技術協会GAMP-COP(ISPE)International Society for Pharmaceutical Engineering

 

品質システムのイベント一覧

  • GQP省令
    第7条 製造業者等との取り決めに関する業務
    第9条 市場出荷への出荷判定の管理業務に関する業務
    第10条 適正な製造管理および品質管理の確保に関する業務
    第11条 品質等に関する情報及び品質不良等に関する業務
    第12条 回収処理の関する業務
    第13条 自己点検業務
    第14条 教育訓練業務
    第15条 医薬品の貯蔵等の管理に関する業務
    第16条 文書及び記録の管理に関する業務
    第3第4号 安全管理統括部門その他の品質管理業務に関係する部門又は責任者との相互の連携に関する業務
  • GMP省令
    第13条第1項 バリデーションに関する業務
    第14条 変更管理に関する業務
    第15条 逸脱に関する業務
    第16条 品質等に関する情報及び品質不良等に関するに関する業務
    第17条 回収処理に関する業務
    第18条 自己点検に関する業務
    第19条 教育訓練に関する業務
    第20条 文書及び記録管理に関する業務
  • GDPガイドライン(2017年6月予定)
    GDP品質協定書
    標準輸送業務手順書
    変更管理に関する業務
    逸脱に関する業務
    品質等に関する情報及び品質不良等に関するに関する業務
    回収処理に関する業務
    自己点検に関する業務
    教育訓練に関する業務
    適格性確認及びバリデーション
    セキュリティー対策
    各工程での物流管理手順
    偽造医薬品発見時の報告手順
    物流業務担当者への教育訓練
    物流管理部門、物流業者に対する監査
    物流管理部門、物流業者における自己点検
  • その他
    是正処置・予防処置業務
    製造販売業者及び製造業者等との連携に関する業務
    製造所からの出荷の管理に関する業務
    薬事・医薬品情報の連絡業務
    委託先会社、受託先会社との取り決め業務
    委託先会社への査察業務、受託先会社からの査察対応業務
    交換品と詫び状の作成業務
    添付文書の届け出
    医師への安全情報お届け

製薬

食品

医療機器

健康食品

化粧品

医薬品卸

化学物質管理

飼料

動物農薬